青の花茶 成分

青の花茶の成分はどんなものが含まれている?

最近ネットで噂になっている、青の花茶なんですが、ネットで観たことのあることもあるんじゃないかなって、思うのですがどうですか?青の花茶は、青い色をしたお茶した、ダイエットティーなんですが、私も初めて青の花茶を聞いたので、ちょっとみて見たのですが、本当にきれいな色をしていたんです。

 

今まで見たことのない、色をしていた青の花茶なんですが、その成分は何が入っているのでしょうか?なかなか青い色をした、お茶ってないんですが、どんな成分が含まれているから、そんな色をしているのでしょうか?

 

なので、青の花茶の成分を少し調べてみたいと思います。

 

良かったら、みて見てくださいね。

 

【青の花茶の成分はどんなもの?】

 

<成分>

 

1.バタフライピー

 

タイに自生するマメ科の植物です。花びらがちょうちょのように見えるので、バタフライピーと言われているようです。タイではすごくポピュラーなハーブで、庭先や公園でも簡単に見ることができるそうです。そのバタフライピーの主成分は、アントシアニンが一番にあげられるようです。

 

2.メグスリノキ

 

メグスリノキの木は、カエデ科の広葉樹の木で樹皮や葉っぱを煎じた液で目を洗うと眼病に効くということで、その名前が付いたそうです。メグスリノキは、世界唯一日本に自生している木のようなのです。

 

3.アマチャヅル

 

アマチャヅルは、ウリ科の植物で、サポニンと言われる成分が多種類含まれていて、サポニンは鎮静作用があるようです。この鎮静作用の数は、鎮静作用の多い朝鮮人参よりもアマチャヅルのほうが多く、70種類以上も含まれているようなんです。お茶などにするとほんのりと甘い味がするのですが、カロリーはゼロなのです。

 

4.テンチャ

 

テンチャ(甜茶)は、中国原産の甘みのあるお茶で、花粉症やぜんそくの予防などにも効果があるようです。

 

5.ラフマ

 

ラフマは、現在ヤンロン茶として発売されているようなのです。原産は中国の北部・西部のキョウチクトウ科の多年草です。ラフマは「ヤンロン茶レベルケア」など特定保健用食品指定されているんです。

 

以上が青い花茶に含まれている、成分になります。

 

調べてみると、ほとんどが植物性の物ばかりなので、体には優しいと思われますよね。

 

【青の花茶の成分はどんなもの?のまとめ】

 

どうだったでしょうか?青の花茶の成分は、ほとんどが植物成分のようなんです。

 

タイ原産の、バタフライピーやアマチャヅル、テンチャなど、普通に飲んでも体にいいものも含まれていて、それにそれぞれがカロリーがないので、甘いのにカロリーゼロなんです。

 

それに、それぞれ体にいいものばかりなので、個々で摂取しようと思うと金銭的にも、「えー!!」ってことになるかも、しれないですが、青の花茶ならこれ1つで全部取れてしまうので、とってもお得ですよね!

 

もし、ダイエットティーとして飲もうと思っている方は、とってもコスパが効くので、すごくいいと思いますよ。

 

>>青の花茶の詳細はこちら